アルミケースに使用する導電性のポリエチレンフォーム

導電性のポリエチレンフォームを使用したアルミケース

測定器・計測器などの各種精密機器やIC部品などを収納搬送するアルミケースの場合、静電気対策、静電気防止として通常の内装材ウレタンではなく、導電性のポリエチレンフォーム材を使用することがあります。弊社が使用しているものはイノアック社®のポリエチレンフォーム「PEライト AE-200」です。

導電性ポリエチレンフォーム使用アルミケース

 

AE-200の用途

用途としては、導電性クッション材・MOS型ICの保護梱包材・電波遮蔽材・IC利用部品の緩衝材及び各種基盤輸送用保護材・トレイ・作業台マット・工場内各種下敷です。

AE-200の特長

  • 耐候性に優れている。
  • VF成形等二次加工が容易。
  • 緩衝性に優れている。
  • 止水性に優れている。

 

カーボンが練り込まれていますので、色は黒のみになります。アルミケースを製作する立場からすると、内装が真っ黒になりますので、形状や目印などがまったく見えず、製作者泣かせの材質ではあります。。

通常の内装材よりは割高になりますが、収納品の安全のためには優先される条件ではないでしょうか。

内装方法、材質など、様々な経験、ノウハウがありますので、迷ったとき、不明な場合にはお気軽にご相談くださいね。お待ちしております。

他の内装方法はこちらのページを御覧ください。

Follow me!

お問い合わせや見積依頼はこちらから

お問い合わせや見積依頼はこちらからお願いします。
見積は無料です!お気軽に^^